bit

ため息が出るほど美しい、大人のための仕掛け絵本

       
「仕掛け絵本」と言えば、動物や乗り物が立体的に現れる、子ども向けの“飛び出す絵本”を想像するだろう。でも、私がある店頭で出会ったのは、姿を変えていく自然の美しさを見事に表現した、大人のための一冊。仕掛け絵本のイメージががらりと変わってしまいそうな、駒形克己さんの『Little tree』をご紹介しよう。

“誰も気付かれない小さな存在。雪の中、ずっとそのまま”

物語は、雪景色の中芽生えた本当に小さな1本の木から始まる。真っ白に広がる大地には、よく見ると隅の方に小さな影が映し出されている。ページをめくるごとに、ピンク色の春、緑色の夏、黄色の秋……と季節は進行し、木は少しずつ成長していく。共に動き形を変える影も、とても繊細に描写されている。夜が来て、また冬が来て、春が来て……。景色が変わり、その姿を変えても、木は、いつもそこに“そのまま”存在する。そしてやがて、その一生を終える時がやってくる……。

1ページ1ページがそれだけで見事なアート作品なのだが、ページをめくることによって、その度に木がまっすぐ立ち上がる動きが加わる。仕掛け絵本のワクワク感と繊細なアートが絶妙にマッチして、ため息が出るほど美しい世界を作り出しているのだ。こんな仕掛け絵本があったなんて。この日は2歳の甥っ子へのプレゼントを買いにきた私だが、大切な友人へ贈りたくなってしまった。

作者の駒形克己さんは、企業向けのパッケージやグラフィックデザインも手掛けた経験を持つ絵本作家。お子さんの誕生をきっかけに絵本制作に着手し、0歳児からの本『LITTLE EYE』シリーズなど、数々の新しいタイプの仕掛け絵本を生み出してきた。この『Little tree』では、2010年ボローニャ国際児童図書展にて、ラガッジー優秀賞を受賞している。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。