bit

「アルファベットの歌」のリズムが昔と違う

「アルファベットの歌」のリズムが昔と違う
「LMNOP~」のところが鬼門。
「きらきら星」のメロディーに合わせて、「ABCDEFG~」とアルファベットを口ずさんでいくあの有名な「アルファベットの歌」。最近この歌をテレビで耳にしたのだが、歌のリズムが昔と違っており、軽い衝撃を受けた。

筆者が子供だった当時は、キラキラ星では「お空の星よ~」に該当する第二小節で、HからNまでのアルファベットが歌われていた。ところが、現在バージョンでは、HからNに加えて、OとPまでもが歌われているのだ。リズムのイメージとしては、HIJKまでは同じリズムで歌いつつ、「LMN~」で終わっていたところを、「LMNOP~」と詰め込んで歌う感じである。

なぜ、リズムが変わったのだろうか? 知り合いの外国人に聞いてみると、「僕は昔から、LMNOP~って歌ってたよ」との回答が。筆者がしっている旧バージョンを歌って聞かせてみると、「なんじゃそりゃ」みたいな顔をされた。

納得がいかず、英会話教室で働く講師に聞いてみたところ、「どちらかというと、現在歌われているバージョンの方が、オリジナルなものなんです」とのこと。知り合いの外国人氏の言う通り、アメリカやイギリスでは昔から、「LMNOP~」と歌われてきたらしいのだ。

歌の歌詞には、区切りの言葉の発音を合わせる「韻」というルールがある。「LMNOP~」と歌う「本来の」アルファベットの歌では、小節ごとの区切りの文字はそれぞれ「G」「P」「V」「Z」である。これらのアルファベットの発音はそれぞれ、「ジー」「ピー」「ヴィー」「ズィー」に近い音であり、ちゃんと韻が踏まれているのだ。

日本で歌われていたバージョンがこのようなリズムではなかった理由については、「日本では、Zがゼットと読まれるなど、もともと韻が関係しなくなっていたので、オリジナルを採用する必要性が薄かったのかもしれません。また、特にL、M、Nの発音が日本人には聞き取りにくく、難しいので、早口にならないよう配慮したのではないでしょうか(講師)」とのこと。

ということで、現代っ子は昔の子供よりも、ちょっとだけ難しいアルファベットの歌を歌っているのだ。
(珍満軒/studio woofoo)

あわせて読みたい

  • 小学校で習う「ローマ字」は今

    小学校で習う「ローマ字」は今

  • いまどき英語教育――「How are you?」と聞かれたら?

    いまどき英語教育――「How are you?」と聞かれたら?

  • 「時計」を何年生で習いましたか

    「時計」を何年生で習いましたか

  • コネタの記事をもっと見る 2011年6月10日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら