bit

海外のチャイナタウンと横浜中華街が違うワケ

海外のチャイナタウンと横浜中華街が違うワケ
トロントのチャイナタウン。日本の中華街とはまた違うムード。
ニューヨーク、バンクーバー、ロンドン、シンガポール、シドニー……などなど、世界各地に数えきれないほどあるチャイナタウン。漢字の看板があふれ、アジアの香りが漂うチャイナタウンは、エスニックムード満点。海外にいて、さらなる異国情緒を味わえる場所だ。

日本にも横浜をはじめ、いくつか中華街があるが、海外のチャイナタウンとはだいぶ雰囲気が違う。ひとことでいうなら、非常に観光地化・繁華街化しているのだ。もちろん、海外のチャイナタウンも観光スポットとしてガイドブックなどに紹介されているが、現地の中国系住民の生活の場という雰囲気が色濃いところが多い。

一方、日本の横浜中華街などは、日本語で呼び込みをする店員もいるし、料理も日本人の口に合うものが多い。日本語が通じずに困ることなどなく、それでいて、ちゃんと中国的な非日常ムードも楽しめる。

なぜ、これほど違うのか? そのナゾを解き明かしてくれた本が、『なぜ、横浜中華街に人が集まるのか』(祥伝社新書)。作者は横浜中華街の老舗料理店「萬珍樓」代表の林兼正氏だ。

理由はシンプルだった。本のなかで林氏は、「世界の中華街は中国人のため、横浜中華街は日本人のため」と書いているが、たしかにその通り。実は、横浜中華街では、戦後の焼け野原からの復興の際に、「同郷の人々のための商売でなく、日本人相手の商売をすること」に決めたのだという。

そこに暮らす中国人にとって、中華街は大事な土地であり、故郷である。だからこそ、子どもや孫たちへ町を残したい。そのためには町が賑わい、そこで商売が成り立つようにすることが大事。そんなふうに考えて町づくりをしてきた結果、いまでは年間2,300万もの人が横浜中華街を訪れている。

あわせて読みたい

  • 衝撃的! 崎陽軒ウエディングのジャンボシウマイ

    衝撃的! 崎陽軒ウエディングのジャンボシウマイ

  • 「シベリア」という食べ物を知っていますか?

    「シベリア」という食べ物を知っていますか?

  • 「新横浜ラーメン博物館」で店が入れ替わる理由って?

    「新横浜ラーメン博物館」で店が入れ替わる理由って?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年6月16日のコネタ記事
    「海外のチャイナタウンと横浜中華街が違うワケ」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      華僑は金持ちなので日本人に集らないので共存共栄できます。貧乏韓国とはそこが違う。

      1
    • オバビ 通報

      横浜中華街万歳

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら