bit

フランスのドラッグをめぐるアレコレ

フランスのドラッグをめぐるアレコレ
同じパリでも区によってずいぶん性格と環境は異なる
以前のコネタでイギリスにおける大麻の現状を伝えたが、今回は海を隔てた隣国フランスをルポ。そもそも日本でドラッグという言葉を聞くと、どれも同じような現象を引き起こす印象を持たれるが、その効果や常習性は種類によって多岐にわたる。ただし大麻、コカイン、メタドン、ヘロイン、コディン、アンフェタミン、LSDなどは、ウィーンで採択された「麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約」を受けてドラッグとして規定されている。

フランスの法律によると、状況により使用は禁固1年、罰金3,750ユーロが科され、補充刑として薬物防止に関するキャンペーンの参加も言い渡される。薬物の製造、輸入、輸出、所持、販売を組織的におこなった場合は最高で無期懲役、罰金750万ユーロ科される。広告などで使用や所持を宣伝したケースも、最高で禁固5年、罰金750万ユーロになるという。

その中で、身体・精神的中毒性が他のドラッグと比べ低く、もっとも手に入れやすいものが大麻。そこでパリでドラッグの使用を防ぐための啓蒙活動をおこなっている関係者に聞いてみた。現状はどうなのか? 
「大麻の場合、早い子供だと15歳くらいから喫煙する人もいます。友人にたずねれば、誰かしら手に入れるルートを知っているので入手は簡単です。もちろん価格も日本と比べれば格段に安いです」(関係者)

フランスの法律はイギリスやオランダより厳しいが、なぜ同じように大麻に手を出す人が多いのだろうか。実際、警察に見つかった場合は? 

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。