review

金に目がくらんだ大相撲の明日はどっちだ『大相撲は死んだ』

金に目がくらんだ大相撲の明日はどっちだ『大相撲は死んだ』
『大相撲は死んだ』中澤潔/宝島社
大相撲関係のニュースを観ていたら、新入幕の宝富士(伊勢ヶ浜部屋)がマツコ・デラックスに酷似しているので「マツコ富士」に改名してはどうかという記事があってちょっとお茶吹いた。たしかに似ているわ。マツコ・デラックスが男装したみたい。
二場所連続でTV中継もなかったし何か話題が欲しいんだろうな、というのは気持ちとしてよく判る。正式な本場所ではなく技量審査場所だったわけだが白鵬が7場所連続優勝を成し遂げ、今場所では史上単独首位の8連勝に記録を伸ばす可能性がある。明るい材料は山積み、といいたいところではあるが……。
何か、忘れちゃいないだろうか。
そう、社団法人日本相撲協会の土台を揺るがせた「八百長問題」である。八百長だけではない、2007年に起きた時津風部屋での序ノ口力士暴行事件以来、大相撲ではロシア人力士らの大麻所持事件、朝青龍の一般人への暴行・引退事件、親方による暴力団への便宜供与事件、元大関をはじめとする力士や親方らの野球賭博関与事件など、不祥事が絶え間なく起きた。協会の対応のまずさもあり、ファンは大いに失望させられたものである。
このうち最近の八百長問題に関しては該当者が協会から追放されるなどの厳しい処分が下された。表面上は一応の片がついたように見える。しかし、そう言い切ってしまえるのだろうか。不安は大きく残る。そもそも八百長の事実が明るみに出たきっかけは「野球賭博事件」に関与した力士の携帯電話に、不正を匂わせるメールの送受信記録が残っていたことだった。両方の問題に関与した力士は複数いたのである。関与したとされる人間を解雇し引退に追い込んだとしても根の部分にはまだそうした不正の残り火がくすぶっているのではないか。そもそも、日本相撲協会の意識は本当に改善されたのだろうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。