bit

ドイツの運転免許証は、生涯有効

のどかな土曜の昼下がり。突然玄関のベルが鳴りました。郵便や宅配の時間帯でもないのに、誰だろう。玄関口に応対に出た主人が、青ざめた顔で戻って来ました。
「交通警察だって。お前の車、追突されたって。すぐ外に出て来てくれって」

後日知った事故の経過は、次のようでした。私は普段、車を自宅付近の路上に合法駐車しています。この辺りの道幅は、二台の自家用車が難なくすれ違える程度ですが、路線バスも通るため、バスとのすれ違いにはやや神経を使います。

事故の日、車で買い物に向かう途中の86歳の女性ドライバーが、ここで路線バスとすれ違う場面に出くわしました。バスの動向に気を取られすぎたせいか、このドライバー、バスと反対側の路上に駐車中の私の車にドカンと追突。そのまま走り去ったというのです。
しかし有り難いことに、事故の目撃者がいました。他でもない、路線バスの運転手です。走り去ろうとする車のナンバーを無線でバス会社に通報し、即座に交通警察の知るところとなったのです。

事故発生から数時間後、近所の国道を優雅に走行中に御用となった、この86歳の女性ドライバー。パトカーに停車を命ぜられた直後は、「事故など起こした覚えは無い」の一点張りだったそうですが、大破した自分の車のヘッドライトを見せられた途端、言葉を失ったとか。

ドイツで車に乗るようになって12年経ちますが、追突されること実に4回。3年に一度ドカンされている計算ですが、4度の事故のうち3回は、追突犯が80歳代のドイツ人女性ドライバー。これは単なる偶然なのでしょうか。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク