review

ともだちってなんだよわかんねえよ。小説版(上巻)『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

ともだちってなんだよわかんねえよ。小説版(上巻)『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
春アニメで話題になった、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の小説版が、脚本家岡田麿里本人による小説になって登場! 単なるノベライズではなく、全く別展開、別の切り口から鋭く切り裂くこの小説、内容のほどやいかに? MF文庫
アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(以下長いので「あの花」)が先日最終回を迎えました。
北海道では先週くらいから第一話が始まりました。
わぁい遅い。もうBD一巻出てるのに1クール(三ヶ月)遅れ!
でも今から見たらちょうど終わりが秋になるから、エンディングの「secret base」的にはいいかもしれませんね。

さて、「あの花」の脚本家岡田麿里による小説版の上巻が発売されました。
ダ・ヴィンチで連載されており、8月号では岡田麿里と監督の長井龍雪のインタビューの掲載されています。
自分は「あの花」の熱狂的ファンで、各シーンの話をされるだけでボロボロ泣くくらい大好きなんですが、今回は小説としてこの作品がどうかをきちんとレビューしてみようと思います。
と言ってもやはり「アニメを見ている人」「全く知らない人」で視点は明らかに変わる作品なので、2つ通りにわけてご紹介します。

1・「あの花」に初めて触れる人向け紹介。
ある日、幼い頃に亡くなった友達の少女が、高校生になった少年のそばに現れた……。ここだけ切りだすとよくありそうな話しに見える本作。しかしいい意味で意地悪なジュブナイル小説になっています。
表紙だと雰囲気わからないですし、タイトルでもあらすじがいまいち分からないのですが、その場合は事前情報無しで読んでみるのをオススメします。
というのも、次の展開一つ一つが毒っけをもって意表をついた方向に進むのが醍醐味になっているからです。「えっ」という驚きを是非楽しんでいただきたいのです。

あわせて読みたい

  • 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」限定版に絵コンテまるまる一話分!

    「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」限定版に絵コンテまるまる一話分!

  • 話題沸騰のアニメ「放浪息子」を観た、死ぬかと思った

    話題沸騰のアニメ「放浪息子」を観た、死ぬかと思った

  • 輪るピングドラムの衝撃

    輪るピングドラムの衝撃

  • 「血溜まりスケッチ」と呼ばれてしまうアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」

    「血溜まりスケッチ」と呼ばれてしまうアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」

  • レビューの記事をもっと見る 2011年7月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。