bit

ゾンビが街を練り歩く……本気モードの大人の仮装

ゾンビが街を練り歩く……本気モードの大人の仮装
可愛いゾンビからリアルな恐ろしいゾンビまで。写真は「ゾンビ4人衆」。<br />注意:ゾンビのグロテスクなメイクが苦手な方は関連画像は見ないほうがいいかと
カナダ・バンクーバーで毎年恒例となった「ゾンビウォーク」。血染めの服に顔の皮膚がはがれ……と、まさに映画さながらのメイクとコスチュームに身を包んだゾンビが集結し、一斉にダウンタウンをさまよい歩くというイベントが行われた。ファンページには約6000人以上がゾンビとしての参加や見物に行きたい! と表明するなど、始まる前から盛り上がりをみせた同イベント。

フェイスブックなどを通じて告知が行われるが、年々参加者が増え続けるという理由は、見た目はグロテスクだが参加者本人がゾンビになりきり楽しんでいて、見ている人も来年は参加してもいいかもと思える何だか笑えるイベントだからだろう。

バンクーバーは第2のハリウッドともいわれ映画産業が盛んなこともあり、映画に携わる人が多いということもあるかもしれないが、子どもの頃からハロウィンなどで仮装はお手のものというカナダ人とはいえ、「素人がそこまでするか?」というような凝り具合のゾンビばかり。ワックスを顔に塗って傷を作り、緑色や赤色の色をのせてゾンビメイクを作っていくのだが、意外とリアルなメイクの人でも自分でチャレンジしたという人が多くて驚いた。

数千人のゾンビが街を一斉に歩く姿を目のあたりにし、本当に「ゾンビタウン」にいるような錯覚さえ覚えたのは、メイクや衣装もさることながら、「グォォォォ~」「シュゥゥ~」などといううめき声をあげ、映画などでよく見る足元がおぼつかないジェスチャーで見物人を驚かせるなど、演技もばっちりだからだ。「やるならトコトンやる」という本気モードの姿勢が、臨場感を与え、参加しないで歩いているほうが何だかしらけているようで恥ずかしく思えたほど。

あわせて読みたい

  • 30代と40代では好きなゾンビが違う〈『ゾンビ映画大マガジン』 伊東美和インタビュー後編〉

    30代と40代では好きなゾンビが違う〈『ゾンビ映画大マガジン』 伊東美和インタビュー後編〉

  • コネタの記事をもっと見る 2011年8月27日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら