bit

元回収業者が教えるお得なテレビの捨て方!

元回収業者が教えるお得なテレビの捨て方!
捨てるだけなのに、けっこう費用が!
7月24日にアナログ放送が、東北3県をのぞいて終了した。映らなくなったアナログテレビの処分に困っている方が、筆者のまわりにもかなり多い。
家電リサイクル法では、不要なテレビを捨てるには、持ち主がリサイクル料を払うものと決められている。さらに実際に捨てるには、運搬料金も必要。テレビを捨てたいだけなのに、数千円も取られてしまうのは無念。できるだけ安く処分する方法はないものか、と考えるのは人情というものだろう。

町中を回る廃品回収業者の多くが、「テレビなどを無料で引き取る」とスピーカーで流しているが、信用できるものか、不安をお持ちの人も多いだろう。
実は筆者は、廃品回収のアルバイトをしていたことがある。内幕をご紹介すると、テレビの無料引き取りはほとんどの場合本当だ。リサイクルして海外に売る業者がいるので、無料で引き取っても大丈夫なのだ。
ただ、すべてが無料ではないので注意が必要。21インチ以上のテレビは、多くの業者がリサイクル料をとる。大型テレビは輸出できないため、リサイクルできないからだ。

多くの業者で、回収要員の賃金は出来高制だ。たくさんお金をとれば、自分の賃金も増える。この道数十年というお爺ちゃん回収員に聞いたところでは、10年くらい前までは、1日回ると2万~3万円稼げるおいしい仕事だったのだとか。
最近はあまりもうからないこともあって、リサイクル料がかかる大型テレビについては特に「とりあえず取れそうな金額を言ってしまえ」という風潮があるのは事実。運賃も合わせて、「数万円」などと言い出すケースもある。

あわせて読みたい

  • テレビのボディカラーはどうして黒が多いのか

    テレビのボディカラーはどうして黒が多いのか

  • 「テレビでは太って見える」って、本当?

    「テレビでは太って見える」って、本当?

  • コネタの記事をもっと見る 2011年9月4日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース