review

恥ずかしがってんじゃねーぞ!福島ぁーっ「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」レポ

恥ずかしがってんじゃねーぞ!福島ぁーっ「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」レポ
「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」<br />この名前は福島県相馬市の伝統行事であり、国の重要無形民俗文化財である「相馬野馬追」から。県内を横断していくこのロックフェスを、相馬野馬追で野馬が力強く駆け抜ける様になぞらえ、相馬野馬追執行委員会の快諾を得てその名を冠したという。
“NOTHING BEATS FUKUSHIMA, DOES IT?”(福島はどんなことがあってもくじけないぜ)。
このメインスローガンを旗印に、9月14日(水)から19日(月・祝)までの6日間にわたり、福島県の6会場にて野外ロック・フェス<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>が開催された。
東日本大震災による津波、原発事故。そこから派生する風評被害とさまざまな困難に直面する“福島”を音楽の力で元気にするために。そして“FUKUSHIMA”としてその名を知られることになった福島の今をそのまま世界に発信するべく、奥会津・会津若松・猪苗代・郡山・相馬・いわきと、広大な福島県を西から東へ1日ずつ会場を変えながらの移動型野外ロックフェス。その中のメイン会場であり、私自身の故郷でもある郡山会場に足を運ぶことにした。
9月17日(土)午前8時20分、新幹線で郡山駅に到着。磐越西線に乗り変え会場のある磐梯熱海駅に向かう。普段乗客が立っていることすら珍しい電車がすし詰め状態となり、早くもこれからの熱狂度合いが伺えた。磐梯熱海駅に到着すると地元小学生による鼓笛隊とさっきまで振っていなかった雨が出迎える。駅から会場まで続く行列はなかなか進まず、開演時間ちょうどの10時にようやく会場となる「磐梯熱海スポーツパーク」にたどり着く。ステージでは「LIVE福島」実行委員長を務める郡山市出身のクリエイター箭内道彦氏が開会宣言をするところだった。

あわせて読みたい

  • 21年ぶりに再会した2人は一心なんだろうか? 吉川晃司と布袋寅泰COMPLEX復活ライブ「日本一心」

    21年ぶりに再会した2人は一心なんだろうか? 吉川晃司と布袋寅泰COMPLEX復活ライブ「日本一心」

  • 潤くんの激しい腰つきにガクガク。嵐の国立競技場「Beautiful World」コンサートレポ

    潤くんの激しい腰つきにガクガク。嵐の国立競技場「Beautiful World」コンサートレポ

  • 純粋にサッカーが好きだから国民栄誉賞に! なでしこリーグを観てきたよ

    純粋にサッカーが好きだから国民栄誉賞に! なでしこリーグを観てきたよ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2011年9月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

    次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

    次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース