bit

お医者さんがポケットに入れている本

お医者さんがポケットに入れている本
「こんな時はポケット本や!」
映画『神様のカルテ』にて医師役で主演する嵐の櫻井翔が、試写会で行われたトークショーにおいて「医師役をやって一番驚いたのは、お医者さんが本をポケットに入れているのを初めて知ったこと」と言っていた。彼自身も収録中、2冊の本を入れていたらしく、「これが医師の持つ不安の重さ、命の重さかと感じた」という言葉に、会場に集まったのだそうだ。医師の方々を支えるその本は、一体どんな本なのだろうか?

知り合いの医師の方に聞いてみたところ、「私の場合は、診断基準、治療法などが簡単にまとめてある本を入れていました。また、当直中は自分の専門外の患者さんを見ないといけないこともあるため、救急対応の本を入れていたこともあります」とのこと。入れている本は通称「ポケット本」と呼ばれるものであり、ちょうど白衣のポケットに入るくらいの大きさで、治療に必要な知識をコンパクトにまとめた本があるのだそうだ。治療に当たっては膨大な量の知識が必要となるが、分厚い専門書をいつも持ち歩くわけにはいかない。ポケット本は医師の強力なサポートツールなのである。

ポケット本は医師の専門分野にもよるが、100ページ程度の比較的薄いものから500ページほどもあるずっしりしたものまで様々。内科の場合は『ワシントンマニュアル』という本がかなり有名なポケット本がなあるのだが、ページ数はなんと1000ページを超えており、また価格は8820円(税込)と、質量ともに我々の想像を遥かに超えたポケット本となっている。

あわせて読みたい

  • “死ぬほど痛い歯医者”はなぜ減ったのか

    “死ぬほど痛い歯医者”はなぜ減ったのか

  • コネタの記事をもっと見る 2011年9月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース