「1回目の新司法試験に落ちたとき、弁護士になったM先輩から呼び出され、こう言われました。
『なんで落ちたかわかるか? 必死に、合格のための勉強をしなかったからだよ』
いつもは優しいM先輩の厳しい言葉が心にガツンと響き、涙がぽろぽろこぼれました」

書籍『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法』の著者は、現在、弁護士法人アディーレ法律事務所で活躍している篠田恵里香弁護士。タイトルにもなっている通り、篠田さんは外資系ホテルのサービス業に携わっていて、まったく違う畑から弁護士を目指し、2007年に見事、新司法試験に合格。
「1回目の試験に落ちたのは、無計画でただがむしゃらに勉強していたのが原因でした。『今度の試験に絶対合格する!』と弁護士の先輩方から徹底的に聞き出して、自ら確立していった合格のための勉強法のノウハウを『79の合格のルール』としてまとめたのが本書です」

「9つのステップ」をベースに、試験勉強に取りかかる段階から合格までの道のりを具体的に紹介。1つ目のステップは「はじめに過去問を解いて、試験を知る」こと。
「今の自分はどの段階にいるのか、合格のために何が必要かを知ることによって、そこから戦略をたてることが大事です」

この9つのステップは、新司法試験にかぎらず、すべての資格試験において応用できると篠田さん。
「『これだけの知識を最低限もっていれば受かる』というのが資格試験。過去問を解いてみると、必ず共通して出てくる問題や傾向を読み取ることができます。そこから逆算してどんな勉強が必要か計画を立てて、合格に直結しない勉強はばっさりと削ぎ落とす勇気が必要です」