bit

大人になって気付いた、意外な漫画キャラの魅力

大人になって気付いた、意外な漫画キャラの魅力
昔好きだった漫画たち、また読んでみませんか?
子どもの頃はかっこいいと思っていたマンガのキャラが、大人になって見るとガッカリ……ということはあるもの。逆に大人になって、キュートさに初めて気づくキャラもある。
例えば、よく話題になるのは、『スラムダンク』。
昔から流川楓がいちばん好きという女性ももちろんいるけれど、「やっぱりミッチー(天才シューター三井寿→怪我で挫折&自暴自棄→『バスケがしたいです』で復活)」「あえて地味で温厚&3Pシューターのメガネくん(木暮公延)」という人も少なくないはず。

そんな人たちの変化としてときどき聞くのは、「みんながキャアキャアいう流川を昔は『ケッ』と思っていたけど、大人になってみると、天才に見えて実は誰より努力している流川に心打たれる」「昔は何も思わなかった桜木花道が、バカで熱くて純粋で、いちばん可愛いと思うようになった」などの声だ。

そんな「大人になってから魅力発見」のキャラをいくつか挙げてみたい。

○『ドラゴンボール』ベジータ&ピッコロ&天津飯
・ベジータは、「エリートのプリンスなのに、天真爛漫な悟空に絶対に勝てない不憫さ」「生真面目さ」「壊滅的なファッションセンスとM字ハゲ」が実にキュート。
・ピッコロも同じく「生真面目で、冗談が全く通じないところ」「怖い顔で優しいところ」「自分の見た目が人間と全然違うことに長年気づいてなかった天然ぶり」などが魅力的だ。
・天津飯は得意の目くらまし技「太陽拳」を後に他の人に簡単にパクられたり、「禁断の秘技」だったはずの「気功砲」を後に他の人が避難するための穴掘りに使うという成り下がりぶり・悲哀にキュンとくる。

あわせて読みたい

  • 「エッセイストのエッセイ」、減ってない?

    「エッセイストのエッセイ」、減ってない?

  • 少女マンガに見る「後ろからギュッ」について

    少女マンガに見る「後ろからギュッ」について

  • コネタの記事をもっと見る 2012年8月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。