bit

『本田の男は骨で闘う』――本田圭佑が大叔父から学んだこと

『本田の男は骨で闘う』――本田圭佑が大叔父から学んだこと
『本田の男は骨で闘う』(本田大三郎・著/あさ出版)
サッカー日本代表・本田圭佑選手の大叔父であり、現在はプロレスラーで、レスリングで3度のオリンピック出場を果たした本田多聞選手の父親でもある本田大三郎氏の書籍が発売された。それは『本田の男は骨で闘う』(あさ出版) 。

大三郎氏は、1964年の東京オリンピック・カヌー日本代表選手。現在は神奈川県三浦市で「マホロバ・ホンダカヌースクール」の代表を務める現在77歳の現役だ。

「本書は、“本田一族”から一流アスリートたちを輩出した大三郎さんが培ってきた、強く生きていくためのヒントが綴られています」とあさ出版・井手さん。

本書を読んで、まず大三郎氏の経歴にびっくりした。東京オリンピックでハンドボール選手として出場予定だったが、なんとハンドボールが正式種目に選ばれず。しかし、代わりに正式種目となったカヌー競技に出場しようと決意。3年間という短い期間での猛練習の末、日本代表に選出された。

本書では、「汚れたものを身につけない」=身だしなみに気をつかう、「蓄えた体をつくりなさい」=朝食をきちんとる、「たかがうんち。されどうんち」=毎日排泄する、「世間の風潮にのせられて、人をもちあげたり、けなしたりしない」=自分の言動に責任をもつ、などの34のメッセージがちりばめられている。今まで聞いてきた言葉たちかもしれないけれど、大三郎氏から発せられると大事なことなのだなと重みをもって感じられる。

息子の多聞氏のネーミングの由来、多聞氏が中学時代に体を鍛えるためにタイヤを引きずって学校に行っていた話や、体育会系ではなく文化系のブラスバンド部に入っていた話など、メッセージの背景にあるエピソードもとっても興味深い。

あわせて読みたい

  • プレーヤーの動きを計測、データ化するシューズ

    プレーヤーの動きを計測、データ化するシューズ

  • コネタの記事をもっと見る 2012年3月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース