bit

「遠足のおやつ」、今は変わってきてる?

行楽シーズンで、遠足も増える頃。
ところで、遠足といえば「おやつ」。一般的には「おやつ」といえば、「300円以内」のきまりや、「バナナはおやつに入りますか」の質問(ギャグ?)が、昔は定番だった。

ちなみに、子どもの頃、自分の学校では遠足はおやつ全面禁止だっただけに、「バナナが入るか」という定番ギャグを聞くたび「遠足におやつ持ってくの?」と不思議に思ったこともある。
そのため、修学旅行などの宿泊行事の際に初めておやつが許可され、「上限金額」が言い渡されたときには、かっぱえびせんやカールなどの袋物でなるべく嵩を増やし、リュックをパンパンにするのが喜びだった記憶がある。
女子は袋菓子など「みんなで分かち合う菓子」や「交換できる菓子」を多く選んでいたが、男子は、うまい棒・ベビースターなどの駄菓子系を、完全な「プライベート菓子」として上限めいっぱいまで買い込んでいた子が多かったようにも思う。
なかには、上限を大幅に超えていそうな子もいて、「家にあったのをプラスしただけ」「安売りだったから」などの言い訳もあったけど……。

では、今の遠足のおやつは、どうなっているのだろうか。
友人・知人などに聞いてみると、意外だったのは、自分の子どもの頃と同じく「遠足のおやつはない」という学校がけっこうあったこと。
都内のある小学校教諭は言う。
「地域・学校にもよりますが、今は遠足のときにおやつなしのところがけっこう多いと思いますよ。管理上の問題もありますが、スケジュール的にタイトなので、おやつを食べる時間がほとんどないこともありますし、お弁当でお腹がいっぱいになるからということもあると思います」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク