bit

災害時にかまどになるベンチ

地震が起こったら、建物の外に出るべきなのだろうか? 3月の震災以来、色々な説があることを知った。正直、どちらが正解かは断言できない気がする。外に出た方が良いシチュエーションもあれば、建物の中にいた方が安全というタイミングもあるだろう。

そこで、こちらを紹介したい。株式会社コトブキが開発した『かまどセット』は、災害時に活躍するアイテム。普段は公園のベンチに収納されており、鍋などを用意すれば炊き出し用のかまどとして使うことができる、“災害時にかまどになるベンチ”である。

実は同社では11年前から、今回の『かまどセット』ではなく、『かまどベンチ』なる商品を販売している。こちらは、95年の阪神・淡路大震災をきっかけに開発された商品。
端的に言えば、『かまどベンチ』はその場で使用する“固定式”のかまどで、今回の『かまどセット』はベンチから取り外して好きな場所に運ぶことができる“移動式”のかまど、と表現できよう。

まず、『かまどベンチ』が2000年に発売された経緯についてご説明したい。
阪神・淡路大震災では建物の倒壊が多く、結果的に公園が重要な避難場所として機能した。その状況を受け、当時の建設省を中心に“防災に対応する公園づくり”を推進していく動きが起こり始める。
それと同時に、避難生活の際に公園で炊き出しが行われた経験から「公園にかまど機能があれば……」という声が上がり、誕生したのが『かまどベンチ』だった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク