しかし戦後になると、横文字は現在のように、左から右へと変化する。こうした背景には何があったのだろう。押井さんはこのように説明する。

「欧米の言語の影響です。実は戦前は左横書き(左から右に書く横書き)が無かったわけではなく、左横書きと右横書きの両方が使用されました。英語の辞書や教科書など、英文と和訳を並べて書くには左横書きの方が都合良いですし、他にも算術や音楽の教科書、数式や外来語の多い技術書などで左横書きが見られました」

確かにそうだ。右から横書きにしてしまうと、英語と和訳を並べて書くときに並びが逆だし、見づらいではないか。

例)
This is a pen.
。すでンペはれこ

分かりにくいことこの上ないし。だから左横書き普及運動が生まれた、なるほど、納得だ。

「左横書きが本格的に普及して右横書きが廃れていったのは昭和20年代以降で、昭和21年に読売新聞、昭和22年に朝日新聞が新聞に左横書きを採用し、昭和20年代以降、省庁の文書が縦書きから左横書きに徐々に変更されていったのがきっかけでした」(押井さん)

段々と、戦後の日本にふさわしい文字文化の革新が、新聞から浸透していったというのが始まりらしい。左横書きに変化していなかったら、私たちの文字文化は今とは違う非常に奇妙なものであったに違いない。
右から左に文章を書ける記事なんて、きっと今回だけだろうから、書いておこう。

「!たっか良、てっなに右らか左」
(河野友見 Kono Yumi)

(参考)
押井徳馬さんのサイト「はなごよみ」 http://osito.jp
文芸同人誌「正かなづかひ 理論と実践」を発売中。歴史的仮名遣いの覚え方や、戦後、現代かなづかいが告示された経緯の詳しい解説あり