bit

なぜ戦前の日本語は「きょう」が「けふ」になるのか

なぜ戦前の日本語は「きょう」が「けふ」になるのか
昭和20年代の文献に見られる「ワヰウヱヲ」
戦前の文字で、不可解なことがある。
当時は、「今日」という文字をひらがなで書くと「けふ」となった。なぜ「きょう」ではないのか。同じ日本人の使っている日本語のはずなのに、60数年前までは書き言葉のルールが違っていたようだ。
現在の読み仮名を、昔の読み仮名にしてみよう。

例)
(今日)「きょう」→「けふ」、(所謂)「いわゆる」→「いはゆる」、(言えば)「いえば」→「いへば」、(匂う)「におう」→「にほふ」、(行こう)「いこう」→「いかう」、(良かった)「よかった」→「よかつた」

これらはいわゆる歴史的仮名遣いだ。「何故そこでそのひらがなを持ってくる!?」と問い詰めたい気分になるし、小さい「ゃ、ゅ、ょ、っ」はすべて「や、ゆ、よ、つ」と大文字になる。
これを使って文章を書くと、下記のようになる。

例)
けふはお天気がよかつたので、お向かひのヨシコさんを「公園に行かう」と誘つてみましたが、ヨシコさんは忙しいやうでした。
(今日はお天気がよかったので、お向かいのヨシコさんを「公園に行こう」と誘ってみましたが、ヨシコさんは忙しいようでした。)

何故このような書き言葉になるのだろうか? 「なぜ戦前の横文字は右から左に書くのか?」の記事でお世話になった押井徳馬さんに再びお話を聞いた。
「大抵の言語の書き言葉は、当初は発音を書き写すだけであっても、年を経ると次第に、話し言葉と違った独特の規則が出来上がっていきます」と、押井さんは語る。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年11月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース