bit

韓国アングラシーンを揺るがすバンド「バムサム海賊団」がやってくる

       
K-POP人気を契機に、日本の音楽リスナーの間でも「チャン・ギハと顔たち」を初めとするインディーズ出身の韓国バンドが注目を受けつつあるが、韓国アンダーグラウンドシーンにおいて、いま熱い反応を集めているバンドが「バムサム海賊団(BAMSEOM PIRATES)」だ。今週末に行われる日本ツアーを前に、メンバーにインタビューを敢行、意気込みなどをお聞きした。

バムサム海賊団は、ドラムのヨンマンとベース・ボーカルのソンゴンによる2人組のロックバンド。グラインドコアと紹介されることが多いが、本人たちは「ばかパンク」と言う(日本語で)。
「最初はグラインドコアをしようとしたが、早弾きの技術がなく、メタルやパンクを混ぜながら、難しくなくて単にうるさい音楽をやっています」。
2010年に発表したファーストアルバム『ソウル火の海』は、全51分9秒・42曲収録という過剰っぷりを発揮。ジャケットには説明不要なあの人の顔が描かれており、収録曲だけ見ても、『本物男よ、赤い旗を揚げろ』『楽しい戦闘警察体験期』『金正日万歳』と、不穏極まりない。

彼らの音楽の核になるのが、批判精神あふれる歌詞。いや、批判というより、ネタにして笑いをとろうとしているだけなのかもしれない。
歌に登場するのは、忠誠心が過ぎる軍人や労働者、北のスパイから、ソウル市のマスコットキャラクター、CEOを夢見る子供、デス声でかっこつける自分自身まで。国家主義、民族主義、資本主義、社会そのものも、社会から逃れられない自分も、どこまで本気なのか分からないブラックユーモアで笑い飛ばす。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。