bit

「日本一食べづらいお菓子」が復活

「日本一食べづらいお菓子」が復活
色々、食べづらい。
お正月は、腹いっぱい食べた。おせちとお雑煮と、そしてカニ。特に「今季は、値が高い」と言われていたカニは、ここぞとばかりに。美味しかった! そして、食べにくかった!! 「美味しいのに食べづらい」。カニを表現する文言といったら、コレか?(もっと、あるだろう)

ただ、食べづらさでは負けてない。北海道苫小牧市の菓子メーカー「三星」は、日本一食べづらいお菓子『よいとまけ』(復刻版 切れていないタイプ)を5万個限定で1月9日より発売している。
ちなみに、この『よいとまけ』とはロールカステラに北海道の果実ハスカップジャムをたっぷり使った銘菓。丸太をイメージしたフォルム(約16cm)が特徴的で、昭和28年発売とその歴史は非常に長い。商品名は、労働者が丸太を持ち上げる際に出すかけ声から取っているという。

だが気になるのは、そのキャッチフレーズではないだろうか。「日本一食べづらいお菓子」って……。具体的に、どう食べづらいのか?
「表面にたっぷりとコーティングされたハスカップジャムの粘りで、触ると手がベタベタしてしまうんです。丸太の形をしているので、お客さんに出す場合などは包丁で切らなければならないのですが、ベタベタを防ぐためにオブラートを巻いているのでカットしづらく、切り口がボソボソになってしまいます」(同社・担当者)

当然、「あらかじめ切ってあったらいいのに!」という声が同社に寄せられるようになる。そして技術的な問題を克服した2009年、ようやく7等分にカットした現行タイプの発売がスタート! 一方、“切れてないタイプ”については、2010年に発売中止となっている。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年1月23日のコネタ記事
「「日本一食べづらいお菓子」が復活」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ハスカップジャム、うまそう

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース