bit

日本人は引く ドイツ人は足す

日本人は引く ドイツ人は足す
本文に出てきたおつりの金額。1ユーロと、50ユーロセント。50ユーロセント硬貨の方が、若干大きめです。
ドイツのスーパーマーケットで、合計18.50ユーロ分の買い物をしたとします。会計レジで20ユーロ紙幣を1枚支払った場合、おつりの額は、20-18.50=1.50ユーロ。おつりの算出には、20から18.50をマイナスする「引き算」を使うのが自然の発想です。少なくとも、日本人にとっては。このように、日本人ならごく当然のように「引き算」をする場面で、ドイツ人は、逆に「足し算」をすることが当たり前なのです。

通常はレジスターがおつりを自動計算してくれますから、店員が暗算する必要などありませんが、おつりの自動計算機能がついていないレジでは、ドイツならではの計算方法にお目にかかることができます。

さて、レジに座っているのは、小学校以来、ドイツ式の計算方法のみを習ってきた店員。レジスターはおつり額を表示してくれないので、自ら暗算するしかありません。

このレジ係は、買い物の合計金額「18.50ユーロ」と、お客が差し出した「1枚の20ユーロ紙幣」を見比べつつ、おつりの計算を始めるわけですが、その際、レジ係の頭に浮かぶのはあくまで「足し算」。はたして、足し算だけでおつりの計算なんてできるのでしょうか。なお、参考までに付記しますと、ユーロ通貨圏には「ユーロ」と、その下の単位「ユーロセント」という通貨が流通しており、100ユーロセントが1ユーロに相当します。

それでは、ドイツ式おつりの計算方法を追ってみましょう。

まずレジ係は、お客さんに50ユーロセントのコインを1枚差し出しながら、「19ユーロ」と言います。この時、レジ係は「18.50(買い物合計額)+0.50(おつりの一部分となる)=19.00ユーロ」という足し算をしています。続いて、レジ係は1ユーロのコイン1枚をお客さんに差し出し、「20ユーロ」と言います。ここではレジ係は、「19ユーロ(上記の小計額)+1ユーロ(これも、おつりの一部分となる)=20ユーロ(客が支払った額)」という足し算をしています。「19ユーロ」、「20ユーロ」と、いちいち金額を声に出すレジ係が多いのは、お客さんも一緒に金額確認して下さいよというメッセージのようにも受け取れます。

あわせて読みたい

  • ドイツで当て逃げに遭った話 第1話

    ドイツで当て逃げに遭った話 第1話

  • お皿洗いひとつとっても、ここまで違う日本とドイツ

    お皿洗いひとつとっても、ここまで違う日本とドイツ

  • コネタの記事をもっと見る 2012年2月20日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース