review

賞を一つ取ったくらいでは、歯牙にもかけられない〈作家あさのますみインタビューpart2〉

賞を一つ取ったくらいでは、歯牙にもかけられない〈作家あさのますみインタビューpart2〉
作家あさのますみの最新作『おなかのなかの、なかのなか』。絵を手がけている長谷川義史さんは、『ぼくがラーメンを食べてるとき』などで知られる人気絵本作家。長谷川さんの作品を大好きなあさのさんが、ぜひにとリクエストしたそうです。
声優の浅野真澄として活躍しながら、2005年に初エッセイ集『ひだまりゼリー』を発表。その2年後には、職業を隠して応募した小学館の「おひさま絵本童話大賞」で、1429作品の中から最優秀賞に選ばれた、あさのますみさん。全3回でお届けするロングインタビューの第2回は、受賞作『ちいさなボタン、プッチ』執筆後のお話から伺っていきます。
(part1はこちら

●「やっぱり一番高いのが良いなって」

――せっかく書いたお話なのに、人に見せるのを躊躇したのは、『ひだまりゼリー』があまり売れなかったトラウマもあったのでは?
あさの それもありましたね。エッセイを書いた時に、ものをゼロから作ることの難しさがよく分かったので。でも、1、2か月くらいして、何かの機会で絵本の原稿を読み返した時、そんなに卑下するほどでもないかなと思い直して。どこかのコンテストに出してみるのも良いかなって。でも、絶対に“声優の浅野真澄”だと分からないように出そうと思いました。
――応募先に「おひさま絵本童話大賞」を選んだ経緯も、文庫版『ひだまりゼリー』のあとがきに書かれているのですが。エッセイと同じように真摯な思いを綴る文章が続く中、「賞金額が一番多いものを選びました」と書かれているのに、思わず笑いました。僕がラジオなどで知っている“浅野真澄さん”らしいなと(笑)。
あさの 絵本って、実は、たくさんコンテストがあって。副賞も、記念品、5万円、10万円、30万円、50万円と、コンテストによってまちまちなんです。それなら、やっぱり一番高いのが良いなって思うじゃないですか(笑)。

あわせて読みたい

  • 守ってもらう立場じゃない紅一点が好き〈60万ダウンロード『むすんでひらいて』インタビューpart1〉

    守ってもらう立場じゃない紅一点が好き〈60万ダウンロード『むすんでひらいて』インタビューpart1〉

  • 足りないのはLOVEとヤンキー〈『四月は君の嘘』新川直司インタビュー前編〉

    足りないのはLOVEとヤンキー〈『四月は君の嘘』新川直司インタビュー前編〉

  • 最終回直前!「たまゆら~hitotose~」広島県竹原市に聖地巡礼おかえりなさいレポ

    最終回直前!「たまゆら~hitotose~」広島県竹原市に聖地巡礼おかえりなさいレポ

  • チャラいとモーレツにならない〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督インタビュー前編〉

    チャラいとモーレツにならない〈「モーレツ宇宙海賊」佐藤竜雄監督インタビュー前編〉

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2012年2月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。