bit

真空でスピード調理・鮮度保持できる弁当箱

「弁当男子」という言葉もあるように、男も自分で料理しておいしい弁当を食べる時代。筆者もそれに呼応するように日々料理に夢中だったりする。そういうわけで弁当箱アイテムがどうしても気になってしまうのだが、最近発売された弁当箱にもなる真空状態で調理保存できる容器が目に留まった。これ、どうやって使うのだろう?

『真空調理保存容器 Qコンテナー』(アーネスト製)と『真空吸引器 バキュームQ』(同)いう2つのアイテムで真空を実現する。Qコンテナーはタッパーのような白い容器でフタ中央に空気弁があり、上下左右4箇所のストッパーとシリコンパッキンが特徴。バキュームQを弁に差込んで約10秒の間に真空(約0.6気圧)にできる。すると、酸化を抑え鮮度を保てるだけでなく、電子レンジを使った高浸透性を生かしたスピード真空調理も可能だという。

たとえば、ブリの照り煮が通常140分かかるのがわずか14分、きゅうりの中華風漬けが600分がなんと7分でできてしまうそうだ。その他、付属の真空レシピ冊子には15種類の料理が掲載されているので、詳しい内容はそちらを参照してもらいたい。
「真空によって調理時間が早まるだけではなく、味の染み込みによりおいしくなります」(アーネスト)とのこと。これは是非試してみたくなった。

さて、弁当箱にもなるとあるが、その場合も真空状態にするのか。そうすると、ご飯やおかずの味や鮮度に変化は。
「弁当箱のときも真空にします。味は入れた時と変わらず、鮮度も保持できます。また、横になっても汁がこぼれません」(同)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク