定例記者会見や横浜市とのタイアップイベントなど、エキレビ!でもたくさんの記事を上げてきた「映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち」(3月17日公開)。公開を記念して、梅澤淳稔プロデューサーと志水淳児監督へのインタビューを2回に渡ってお届けします。

打ち勝つのは愛しかない

ーー歴代プリキュアが大集合する映画最新作「映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち」。今回、映画初のオリジナルプリキュア、キュアエコーが登場しますね。
梅澤 前作「プリキュアオールスターズDX3」(2011年3月公開)で、「全員集合はこれで最後」という宣伝コピーでした。もう一度「オールスターズ」をやるときは全く新しくしないといけない。
ーー「DX」から「NewStage」にリニューアルしたということをわかってもらうための方法として。
梅澤 はい。28人のプリキュアたちが、ひとりの女の子の背中を押す。そして、その女の子がプリキュアになるというストーリーにしました。
ーーそれが映画のキャッチコピーの「女の子は、誰でもプリキュアになれる!!」。今回はそれまでの「DX」シリーズとは違い、プリキュアたちではなく、エコーに変身するあゆみを中心にしたストーリー展開になっています。あゆみはどういうキャラクターとして設定していったんですか?
梅澤 「プリキュア」を観ている子どもたちが幼稚園で日々考えていることを、中学生のあゆみに投影しました。「いっしょに遊ぼう」と言えない、「ごめんなさい」とすぐに謝れない、そういう子どもたちを反映しているキャラクターです。これがうまくいけば、新しい「オールスターズ」の形になるかなと思いました。

この記事の画像

「28人のプリキュアがひとりの女の子を〈映画「プリキュアASNS」インタビュー 梅澤プロデューサー編〉」の画像1 「28人のプリキュアがひとりの女の子を〈映画「プリキュアASNS」インタビュー 梅澤プロデューサー編〉」の画像2