review

永六輔号泣、震災とラジオ

永六輔号泣、震災とラジオ
『上を向いて歩こう 永六輔作品集』永六輔が作詞した曲のオムニバスCD(EMIミュージック・ジャパン)。『上を向いて歩こう 年をとると面白い』(永六輔/さくら舎)の「はじめに」には、大震災の後、被災地で歌われ、CM曲にも使われた「上を向いて歩こう」についての思いを綴っている。
ラジオ番組「永六輔とその新世界」が、アバンギャルドで、パンクな番組になっているのだ。

メインパーソナリティーは、永六輔。
TBS、毎週土曜午前8:30-13:00、4時間30分の番組だ。
2009年ごろ、ろれつが回らなくなり、その後、パーキンソン病であることを公表。
2009年に転倒、右足小指骨折。2011年にまた転倒、入院・手術。
だが、永六輔は番組をほとんど休まない。ろれつが回らないときでもゲストとともに喋る。病室から出演する。2012年に退院して車椅子でスタジオに向かう。

たとえば、永さんが黙ってるので、アシスタントの外山恵理アナウンサーが声をかけると「寝てるのに起こすなよ!」と怒る(というギャグ)。笑う。
しまいには、「みんなで見つめ合って、誰かしゃべらないかなーって思ってる番組になってきた」なんて言いだすのだ。
ありえない!と驚愕、耳が離せない。

番組の最後に、永さんが、大きくためいきをついて、外山さんが「なんで、最後にためいきなんですかー」って突っ込まれて終わったりする。

ネットでは、「耳障りで老害だ」なんていう書き込みもある。
悲しくなる。
お叱りを覚悟のうえで書くのだが、番組を聴いていて、静かに考えてしまうのは、「介護の現場」であり、高齢化社会となる日本の未来だ。
それを簡単に「耳障り」といえるだろうか。
番組も、永さんも、そのような批判が出てくることを承知で「番組をずっと続けていこう」という決意を持っている、それが伝わってくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。