bit

パンプスだと思ったらトレーニング靴なんです

歩くことは体にいいと言われている。

厚労省が今年、2月15日に公表した「健康日本21」の素案には、1日の目標歩数を男性は8500歩に、女性は8000歩に増やすという内容を盛り込んでいる。

8000歩は距離として約5.5km(歩幅を70cmとした場合)。仮に体重50kgの人が8000歩あるくと220kcal消費すると言われている。つまり1か月で1kgの体脂肪を減らせる計算となる。

これほど「歩くこと」には効果があることが明白なのだが、ウォーキングのために時間を取ることは案外難しいものである。

よく言われるのは、1駅前に下車して歩くこと。だいたい2、3kmは歩けるだろう。では目標の5kmに近づくための、残り3kmはどうしたらいいだろう。

歩数を増やすためには、日常生活で「歩く」とき、ウォーキングをしていると意識するしかない。ここで筆者が気になるのは、歩くためにどんな靴を履くかということ。ウォーキングに最適なシューズを履くことが許されない環境、つまりオフィス内で勤務している場合、革靴やパンプスで8000歩は、かなり足に負担がかかる。

足に優しく、「歩く」運動効果がしっかり期待できて、しかもおしゃれな履物が販売されているのでご紹介しよう。「ルコックスポルティフ」から出ている『メリュ』。女性用のパンプス風トーニング靴である。

『「気軽にトーニングシューズを履いて歩き運動効果を期待したい」というユーザーに向けて企画し、タウンユースでも違和感のないフェミニンなデザインが特徴です。カジュアルパンプスでありながら、履いて歩くことで運動効果も期待できるトーニング機能を備えたシューズになっています』と担当者。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク