bit

猫、握ってみませんか?

一度はチャレンジしてみたい、と憧れてしまうのが陶芸だ。
ストイックな雰囲気だが、同時に難しそうでもある陶芸を気軽に楽しく挑戦できるお店が、奈良にあった。

それは歴史的な町並みが続く奈良の観光地、ならまち。
その一角にある「ZOO&かぎろひ」さん。その奥で「誰でも作れますよ」と言う、“にぎり猫”体験ができるのだ。

教えてくれるのは陶芸作家の要 道子さん。
陶芸歴17年以上になる要さんが得意とするのは、動物モチーフの陶芸。3年ほど前、土をこねていてふと気が付いた。
「粘土をきゅっと握ると猫の形になるんですよ」

使う粘土は陶器と同じもの。温度にもよるが、基本的に柔らかい。
これを手のひらの大きさほど取り、きゅっきゅっと優しく握る。
すると掌の丸みによって、粘土が滑らかな猫背に変身。
その後、首になる部分に軽くへこみをいれ、頭の両際を軽くとがらせ猫耳を作る。頬の膨らみや鼻をつければ、ちょこんと座った猫の形に。

さっと作れば15分ほど。もちろん顔を描いたりしっぽや飾りを付けたりご自由に。凝る人でも1時間ほどで完成するとか。
後はこれを乾燥させ、素焼き、釉薬をつけて本焼き……と、要さんが仕上げ、1カ月後ほどで郵送してくれる。
「粘土はさわってるだけで、癒される効果があります」と要さん。 
柔らかいのにべとつかず、指の力だけで好きな形を生み出せる粘土は大人でもつい夢中になってしまう。

色は白に茶色2色、黒色を用意。
自宅で飼っている猫、かつて飼っていた猫を思い浮かべ作る人が多いそう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年5月2日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。