bit

敬語禁止の“ギャルカフェ”

敬語禁止の“ギャルカフェ”
お椀にわんこそばを入れてくれるギャル(右)と、タイムを計ってくれるギャル(左)。最高だ。
数日前、10歳上の姉に「この子、可愛くない?」と差し出された1枚の写真には、かなりストライクなギャルの姿が写っていた。当然、「この子、誰?」と問い質してみたものの、速攻で返ってきたのは「私の娘」という予想外の答え。よりにもよって、私は姪っ子にほの字になりかけていたようだ。
そうか。何だかんだで、私はギャルが好きなのかもしれない。だからこそ、行ってきました! 5月10日、渋谷にオープンしたカフェ「10sion(テンション)」は、ギャルがスタッフを務める“ギャルカフェ”。
お店に足を踏み入れると、そこにはポップな色彩に彩られた空間が。ギャルらしい雰囲気の店内だな……!

ところで、どうしてこのようなカフェをオープンしようと思ったのか? 同店の林装太オーナーに伺ってみた。
「以前は広告の仕事に携わっていたのですが、その際に女性化粧品を扱う機会があり、ギャルに興味を持つようになりました」(林オーナー)
そこからギャルについて色々と調べてみると、ある事に気付いたという。秋葉原には「メイド」や「ゲーム」等があるが、渋谷にはギャルの文化があったのだ。それを発信するスポットとして、このお店は誕生した。

ちなみに、スタッフ(ギャル)の年齢層について。多くは18~19歳が占めているのだが、中には20代や高校生も在籍しているという。まさに、“テンション”の高いギャルばかりなのだろう。……と話を伺っていたら、スタッフのギャルが姿を現した。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年5月23日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース