bit

公園猫と地域住民を守るサポーターって?

公園猫と地域住民を守るサポーターって?
公園でばったり出会う猫はとっても魅力的ですが……。
       
公園で猫にエサを与える人を見かけることがある。
公園で出会う野良猫、と言うのはとても可愛い。ついつい構いたくなってしまう。
しかし糞害問題がある。さらに人なつこい猫は心ない暴力、交通事故に遭うことが多いのも事実。

猫の餌付けは、どの自治体でも揉める元だ。
そんな公園猫を守り、さらに住民の理解も得たい。と、大阪市が打ち出した制度がある。
それを“公園ねこ適正管理推進サポーター制度”という。

これは、所有者不明ねこ(野良猫)をめぐるトラブルを防止し、「動物愛護の推進と都市環境の維持の両立」を目指して、市民よりサポーター(ボランティア)を募り、公園猫を適切に管理する制度のこと。

サポーターの仕事は大阪市が管理する公園に赴き、猫に避妊去勢手術を施す。そして一代限りとなった猫たちにエサをやる。掃除をする。場合によっては里親を探す……と、多岐にわたる。
“猫かわいがり”するわけではない。最終的な目的は公園から不幸な猫を減らすこと。手術だけして放置するのではなく、猫の最期まで管理する制度なのだ。

サポーターの三原則としては、
 ・避妊去勢手術を施すこと
 ・猫にエサやりをすること。置きエサは禁止
 ・周辺の掃除をすること

なおエサ代や手術代は基本、サポーターの実費負担。
手術代については1匹5000円で手術と病院までの送迎をしてくれる制度もあるが「年間300匹だけです」と限定。
それでもサポーター志願者は多い。現在110人で、23歳から年配までと年齢も幅広い。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年5月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。