旅行が好きでしょっちゅう飛行機に乗っている人でも、国際線ビジネスクラスというと、いまだ高嶺の花に感じている人は少なくないかも。

だが、最近はビジネスクラスを利用したツアーも多く、マイレージ特典を使ったアップグレードもポピュラー。ビジネスクラス客向けの空港ラウンジで家族連れを見かけることも珍しくない。

ビジネスクラスの進化も著しく、各社が工夫を凝らした新しいシートを導入。ひと口にビジネスクラスといっても、座席の特徴はエアラインによってちがい、ホテルの部屋を選ぶのに似た楽しみもある。たとえば、個室風のシートならプライバシー重視派のビジネスマンに最適だし、隣り合った座席はファミリー利用に便利、といった具合。

そんな多彩なシートのなかでも、ビジネス利用に加えて、カップル利用にぴったりとウワサなのがデルタ航空の新シート。いったいどんな乗り心地なのか? 実際に乗ってきた。

デルタ航空のビジネスクラス「ビジネスエリート」の新シートはボーイング747-400型機に順次導入されている。現在のところ、成田-台北線、成田-アトランタ線、成田-デトロイト線、成田-ハワイ線などに導入済み。今回は距離も手ごろな成田-台北線を利用した。

1階席と2階席にある「ビジネスエリート」の座席数は計48席。すべての座席がフルフラットベッドシートで通路に面しており、隣を気にせず出入りできるのもありがたい。
「睡眠中のお客様をまたいで通路に出るという時代は終わりました」