review

パンツに挟んでいるハサミを出して、ジャキジャキ切ったら面白いな〈『謎の彼女X』原作×監督1〉

平凡な17歳の高校生・椿明が、謎の転校生・卜部(うらべ)美琴の流したよだれを舐めてしまったことから始まる(!)、奇想天外かつ、ピュアな青春ラブストーリー『謎の彼女X』。椿がかかった「恋の病」の禁断症状を抑えるため、よだれのついた卜部の指を椿が舐める。そんな行為が下校途中の日課という、一風変わった高校生カップルたちの物語です。
思春期男子の妄想やフェチズムが詰まりに詰まった作品で、テレビアニメ化が発表された時には期待感とともに、「よだれのシーンはそのまま流せるのかな?」などの不安もありました。しかし、4月からスタートしたアニメ版で描かれていたのは、まさに『謎の彼女X』の世界。原作ファンの僕も、嬉しさのあまり、よだれを流しました(ちょっと嘘)。ミステリー作家でエキレビライターの我孫子武丸さんも、先日掲載されたレビューで大絶賛しています。
原作とアニメ、二つの『謎の彼女X』は、どのようにして生まれたのか? 原作者の植芝理一さんと、アニメ版の渡辺歩監督にお話を聞いてきました。アニメ最終回記念対談、まずは前編です。

――僕は『謎の彼女X』ファンですが、アニメ化には正直驚きました。植芝さんはアニメ化のお話が来た時、どのような感想を持たれましたか?
植芝 よく「あの漫画がアニメ化!」とか書かれているんですけど、僕個人としては、そんなにいけないテーマの漫画なのかなと不思議に思っていて。今は描いている最中なので、(驚かれる感覚が)よく分からないんですよ。5年か10年経って冷静に振り返ったら、「たしかに変なテーマで描いてたな~」と思うかもしれませんけど(笑)。アニメ化に関しては、アニメにしたいと言ってくれている人たちのイメージがあると思うので、そのイメージのまま、直進して欲しいなと思いました。

この記事の画像

「パンツに挟んでいるハサミを出して、ジャキジャキ切ったら面白いな〈『謎の彼女X』原作×監督1〉」の画像1 「パンツに挟んでいるハサミを出して、ジャキジャキ切ったら面白いな〈『謎の彼女X』原作×監督1〉」の画像2 「パンツに挟んでいるハサミを出して、ジャキジャキ切ったら面白いな〈『謎の彼女X』原作×監督1〉」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク