bit

知らないうちに犯罪者に!? 海外の落とし穴とは

       
海外から帰国した時、誰もが必ず通る税関。荷物受け取りのターンテーブル周辺で税関職員に連れられた麻薬探知犬がにおいを嗅ぎながら通ったり、入国前の携帯品・別送品申告書を提出する際に「どこから帰られましたか? これで荷物全てですか?」と問われて、特に身に覚えがなくても緊張する人も多いはず。今後、無駄に緊張しないためにも(?)、税関と麻薬探知犬について知っておこうというわけで、東京税関でお話をうかがってきた。

税関の主な仕事、薬物・銃器・テロ関連物品・知的財産侵害物品などの密輸出入の取り締まり、関税・消費税などの適正な徴収、通関手続きの円滑化と利便性向上の3点だ。一般的には、密輸を取り締まるイメージが強いが、最近はどのようなものが押収される傾向にあるのか? 

「いわゆるコピー商品については、偽ブランド品はもちろんのこと、近年では通販でヒット商品となったものの偽物も多いです。これら知的財産侵害物品は東京税関だけで年間で約35万点に上ります。9割以上は中国から渡ってきます」(東京税関広報広聴室)

一見して区別がつかない偽ブランド品も、見分けるポイントがあるという。しかし、そこを明かしてしまうと今後に影響が出るため教えることはできないそう。麻薬・覚せい剤などの不正薬物の流入も最近は傾向が変わってきている。

「以前はスーツケースなどを加工してプロの運び屋が持ち込む場合が多かったのですが、ここ2~3年は一般旅行客に旅行代を肩代わりするなど持ちかけて頼むケースが目立つようになりました。不正薬物が入っていると知らせないので、依頼された本人は知らず知らずのうちに運び屋に仕立てられます。また親指の第一関節から上くらいの大きさに薬物をビニール包装して、何個も飲み込み体に入れたまま持ち込む場合もあります。運び屋は入国後に排泄してそれらを取り出すため、機内では全く飲食しなかったり、異物を体内に入れているため脂汗をかいている場合があります」(同)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。