review

本当にアップデートしてもいいの? マップがなにかと評判のiOS6を超ていねいに解説してみた

9月20日にiPhoneやiPad用の新しいOSであるiOS6が登場しました。そして翌21日にはiPhone5が発売されましたが、これにももちろんiOS6が搭載されています。

例によってひとつ前のバージョン(iOS5)から200以上の新機能が増えていたりするのですが、本当にiOS6にしていいのか? というところを、個人的に「これは!」と思った部分をふまえて解説していきたいと思います。

●実は進化していっているマップ?

マップのことは忘れましょう……というわけにはいかなくて。もうさんざん色々なところで出ていると思いますが、マップが大きく変わりました。Googleマップ(ゼンリンのデータを使用)からAppleのマップアプリになったのです(日本のデータはインクリメントP提供)。

このマップにもいいところはあります。マップの中でランドマークになっているところは、コンパス機能で向きが変わっても常にiPhoneの下方向が下になるよう、文字そのものが回転してくれたりします。自動車のナビ機能も見やすく進化していると言えるでしょう。

ただ、ランドマークとなる建物の数が少なかったり、飲食店に妙に偏っていたり、線路や駅が目立つように表示されないというのは今までのGoogleマップを使っていた身からすると非常に使い勝手が悪いように思えます。特に、個人的に大きいのは地下鉄の出口がわからないようになっているところが厳しいです。今までのGoogleマップでは地下鉄の出口がわかるようになっていて、さらに「3」とかの数値があるので「ああ、ここは3番出口が近いんだな」ということがわかりましたが、今回のマップではわかりません。

この記事の画像

「本当にアップデートしてもいいの? マップがなにかと評判のiOS6を超ていねいに解説してみた」の画像1 「本当にアップデートしてもいいの? マップがなにかと評判のiOS6を超ていねいに解説してみた」の画像2 「本当にアップデートしてもいいの? マップがなにかと評判のiOS6を超ていねいに解説してみた」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク