review

「係長 青島俊作」から見える「踊る大捜査線」シリーズ脚本の極意1

「係長 青島俊作」から見える「踊る大捜査線」シリーズ脚本の極意1
<金沢達也 プロフィール><br />脚本家。萩本企画所属。萩本欽一が主宰する欽ちゃん劇団に入団後、放送作家に転身。様々なバラエティ番組を手がける。その後、舞台などの脚本を手がけ、2009年に日本テレビ「華麗なるスパイ」で連続ドラマデビュー。2010年には『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』に脚本協力として参加。スピンオフ「係長 青島俊作 THE MOBILE 事件は取調室で起きている!」「係長 青島俊作2 事件はまたまた取調室で起きている!」では、単独で脚本を務めている。
公開わずか3週で早くも動員250万人、興行収入36億円を突破した映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」。同時期にテレビ放映された「踊る大捜査線2 レインボーブリッジを封鎖せよ」「踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ」も高視聴率をあげ、改めて「踊るシリーズ」というコンテンツの強さを痛感させられる。
そんな「踊るシリーズ」に連なるのが、スマートフォン向け放送局NOTTVで放送されている「係長 青島俊作2 事件はまたまた取調室で起きている!」。9月1日に放送されたスペシャルドラマ「踊る大捜査線 THE TV SPECIAL」の1か月前、映画「踊る大捜査線 THE FINAL」の2カ月前の出来事が描かれている。3つの作品の時間軸が繋がっていることもあり、踊るファンならぜひともチェックしたい作品だ。
前作「係長 青島俊作 THE-MOBILE」に続きこの「係長シリーズ」の脚本を担当したのが脚本家・金沢達也。踊るシリーズの脚本家・君塚良一とともにこれまで「華麗なるスパイ」「ニュース速報は流れた」など数多くのドラマを手がけてきた脚本家に、踊るシリーズの作法や脚本の難しさをお聞きしました。前後編でお送りします。


《現場の雰囲気だけでも味わってみたくて》
─── 映画とともに、NOTTVでの公開中の「係長 青島俊作2」も話題を集めています。前作の「係長 青島俊作」もどこのレンタルショップを見ても貸し出し中でした。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年9月26日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース