テレビを観てると「この人、老けないなぁ~」と驚愕することが、本当に多い。芸能人のノン劣化ぶりって、一体全体何なんだ。由美かおる、ミック・ジャガー、夏木ゆたか、あいざき進也……。
いやマジで、本気で羨ましい。あやかりたい。40代になっても20代に見られたいし、50代であっても10代に見られる自分でありたい。いや、マジで。

ところで。ロート製薬では、全国の20~40代の男女約450名を対象に「たるみに関する意識調査」を実施しております。
ここで浮かび上がったデータ、特に女性の“見た目年齢”と密接な関係がありましてですね……。

まずは、「女性の年齢を判断するときに見る顔のポイントはどこですか?」という設問が登場。結果、全体の76.3%が「ほうれい線」と回答しています。
一方、「男性の年齢を判断するときに見る顔のポイントはどこですか?」という質問では、トップ回答として「目尻のしわ」(48.8%)が挙がっています。
この結果から、女性の見た目年齢を決める上で「ほうれい線」は大きな要素であると判断できないでしょうか。

次は、シチュエーションについての設問。「他人の顔たるみが気になるのはどんな時ですか?」というクエスチョンでは、「正面に向かい合って座った時」という回答が最も票を集めているみたいです。食事やデートの際、気になる相手に少しでも若く見られたいならば、正面の席は要注意!

続いては、画像を用いた比較実験。ほうれい線の長さだけを変えた二枚の女性の写真(【1】はほうれい線4.16センチ、【2】は5.34センチ)を並べ、「【2】は【1】に比べて何歳年齢が上に見えますか?」と聞いてみました。ほうれい線の差は、1.18センチです。