さやかちゃん!(ガバッ
ハァハァ……ゆ、夢?

いや、夢じゃない。
現在、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編/始まりの物語」が公開中、明日からは後編が公開されます。
まどかに、ほむらに、キュゥべえに大スクリーンで会える!
ぼくはさやかちゃん大好き派なので、彼女の勇姿を……勇姿……。勇姿?

おそらく多くの人の疑問はここだと思います。
「総集編を映画館で見て、どのくらい面白いのか」
これについては実際に見る人のタイプによって感じ方の変わる部分が大きいと思いますが、劇場で見ないともったいないと先に言っておきます。
それはなぜか? 
総集編である今回の作品を映画館へ見に行くだけの価値について、タイプ別に紹介してみます。

1・全く「まどか☆マギカ」を知らない人
完全まっさらな状態で映画を見に行っても大丈夫?という方。
大丈夫です。
この作品は総集編ですが、単純なテレビの編集版ではありません。
映画館、という空間で作品を楽しむには2つ条件があります。
一つはスクリーンサイズの大きい画面いっぱいに映える絵柄やアクション。
もう一つは映画館の広い空間に響き渡る音響効果です。
この2つを最大限まで活かすために、かなりの部分が作り直しされています。
ですので、まずは頭をまっさらにして、押し寄せる音と絵の津波に翻弄されてみてください。
分からない部分の方が多いと思いますが、それでいいです。あとから考えましょう。ネットに情報はたくさんあります。