review

速報! 日本上陸が決まったKindle Paperwhiteを超ていねいに解説してみた

10月24日にAmazon.co.jpからKindleが日本でも発売されることが発表され、さらには10月25日にはKindleストア日本版がオープンすることが決まりました。iPad miniも発表され、ますます電子書籍界隈が盛り上がってきていると思います。

そこで今回は、発表されたKindleのラインナップの中でも、読書用端末の大本命として見られている「Kindle Paperwhite」について解説していきます。なお、これは日本版発売前の(日本版Kindleストアもオープン前の)海外版になりますので、11月に販売が開始される日本版Kindle Paperwhiteとは違うところがある可能性があります。ご了承ください。

■まずは外見から。大きく変わった液晶!

まずは大きさ的なものを見てみましょう。Kindle Paperwhiteの基本的なスペックは縦169mm横117mm厚さ9.1mmで、重さは213g(WiFi版。3G版は222g)になります。一番ベーシックなKindle5と比べると、ちょっと大きく、重い感じです。ディスプレイの解像度は758×1024ドットですが、有効解像度は658×905ドット。ここは600×800ドットで有効解像度560×734だったKindleに比べて大きく変わっていますね。

Kindle Paperwhite:169×117×9.1 213g(222g) 658×905ドット

この記事の画像

「速報! 日本上陸が決まったKindle Paperwhiteを超ていねいに解説してみた」の画像1 「速報! 日本上陸が決まったKindle Paperwhiteを超ていねいに解説してみた」の画像2 「速報! 日本上陸が決まったKindle Paperwhiteを超ていねいに解説してみた」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク