bit

ボジョレーと同時解禁、悪魔のビールと天使のビール

今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は、11月15日(木)。そのボジョレーに対抗するがごとく、同じ日に解禁される「麦のワイン」をご存じだろうか。

年によっては発売日を待たず、予約完売することもある麦のワインは、別名・悪魔のビール。神奈川県の地ビール屋「サンクトガーレン」が年に1度だけ販売する特別なビール「エル ディアブロ」(※スペイン語で悪魔の意)のこと。

ワインと名が付いているものの、正体はビール。以前コネタでも紹介したが、ワインのようにアルコール度数が高く、また、ワインのように長期熟成させて飲むのが名前の由来になっている。

2006年に発売され、最近ではボジョレーより「エル ディアブロ」の解禁を心待ちにしている人もいるほどだが、なんと今年は新たに天使のビール「ウン アンヘル」(※スペイン語で天使の意)も同時発売。ファンにはたまらないだろう。

悪魔と天使、その違いはなにか? 

まず、原料が違う。悪魔のビールは大麦麦芽が主原料の「バーレイワイン」というスタイル。一方、天使のビールは小麦麦芽を主原料とした「ウィートワイン」と呼ばれるもの。バーレイワインは、かつてブドウの栽培に適さなかったイギリスがフランスワインに嫉妬して造ったのがはじまりで、ウィートワインは1980年代のアメリカ生まれ。どちらもれっきとした歴史上の実在ビールだ。

もちろん、味も違う。同社のバーレイワイン(悪魔)は、ホップを通常の約6倍も使っており、苦みや香りが強いのが特徴。ウィートワイン(天使)は、ホップの使用は通常の約2.8倍と控えめながら、小麦に由来する濃厚なとろみ感に個性があるという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク