review

敏腕女性マネージャーは、なぜ向井理を捨てたのか

『向井理を捨てた理由』
かなり刺激的というか挑発的なタイトルである。向井理ファンなら、「理ちゃんを捨てるなんて、どんだけ思い上がった女が書いた本なの!?」と怒るかもしれない。

でも、これが向井を発掘してきた女性マネージャーの本だと知れば、印象は変わってくるのではないだろうか。

本書は、冒頭で著者がことわっているように、暴露本のたぐいではまったくない。むしろマネージャーという仕事を通してひとりの女性の生き方をつづった本というべきだろう。また彼女の手記のほかに、当の向井や所属事務所のホリエージェーシー社長の小野田丈士のインタビューが収録されているので、タレントとマネージャーの関係がより深く理解できる。

それにしても、向井理を発掘してきたマネージャーというから、それなりに年齢はいっているのだろうと思いきや、著者の田島未来は1979年生まれと現在30代前半、向井理のデビューが2006年だから、逆算すると当時まだ20代だったことになる。向井と年齢的にはさほど変わらないわけで、そこにまず驚かされる。

ただし年齢のわりに田島のマネージャーとしての職歴は長い。向井と出会った時点ですでに8年のキャリアを積んでいた。さかのぼれば中学時代から芸能マネージャーにあこがれ、どうやったらなれるのか手当りしだい参考になりそうな本を集めていたといい、高校卒業後には当時まだ珍しかったという「マネージャー科」のある専門学校に入学する。この学校での実地研修として、芸能事務所に入ったのが19歳。ここで彼女は師匠格である事務所取締役の女性から、ときには厳しく叱責されながらも芸能マネージャーとしてのスキルを磨いていく。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

向井理のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「向井理」に関する記事

「向井理」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「向井理」の記事

次に読みたい「向井理」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク