bit

人気クイズ作家・日高大介さんに聞いたクイズ必勝法~難しい問題はこう解け

人気クイズ作家・日高大介さんに聞いたクイズ必勝法~難しい問題はこう解け
1998年、日高さんが大学1年の時に出場した「パネルクイズ アタック25」優勝後の記念撮影
ハッキリいって、知識の多い人はモテる。クイズに強い人は、難しい問題が出た時にどのようにして答えているのだろうか?先日、エキサイトニュースBitコネタで掲載して好評だった「人気クイズ作家の謎の生活」の記事に引き続き、「パネルクイズ・アタック25」(優勝)など、数々のクイズ番組への出演を経て、現在は「高校生クイズ」「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」などで使用する問題を作っている人気クイズ作家、日高大介さんにお話を伺った。


●正解を聞いて、みんなが喜ぶ方が正解!?

――いきなりお聞きしますが、どうしても分からない問題を解くためのテクニックはあるのですか?
「問題を深読みするっていうテクニックはありますね。例えば、僕が高校1年生の時に初めて出場した『高校生クイズ』の地方予選の時に、名古屋の会場で出題された第1問は、『日本で「恐竜の化石」が発見された県は、フォッサマグナを境として、ここ名古屋を含む西のほうが多い。YESか、NOか?』というものでした。ハッキリいって、分かるわけがありません(笑)。しかし、当時は『ジュラシックパーク』などの映画が流行していた時期でもあって、もし正解が『名古屋を含む西』だったら、会場が名古屋なので地元の大勢の参加者が喜びます。逆に、『反対の東』が正解だったら、なんだか気持ち悪い空気になってしまいかねません。やっぱりみんなが素直に喜びやすい方を正解にするんじゃないかと思って『YES』を選択したら、正解でした」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年3月7日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース