bit

キヤノン写真新世紀優秀賞。真夏に海岸で千人を撮った長谷波ロビンの奮闘

夏の海といえば、泳ぎに行くもの。そんな中、砂浜に“出張スタジオ”を作り、海岸に遊びに来た人の楽しそうな表情をひたすら撮影し続けている人がいる。名前は長谷波ロビンさん。その成果が認められ、「キヤノン写真新世紀」優秀賞を受賞。実はよしもとNSCの23期生で、あの人とも同期だというロビンさんに、真夏の海岸での撮影についてお聞きした。


――なんだか楽しそうな写真ですが、既に何人分を撮ってますか?
「およそ1000人ですね」

――1000人!?しかも、真夏に撮影しているから、大変じゃないですか?
「もう、フラフラですよ(笑)。特に1年目と2年目なんかはホントに暑くて、いつも日射病みたいな感覚で撮影してました。撮影は7月と8月の週末ごとに行きますが、まずは朝早く出て、海岸の場所取りから始めるんです。そこにバック紙を立てて、いわば出張スタジオを設営するんですよ。『ビーチでなにしてんねん』って感じで、その時点でジロジロ見られますけどね(笑)」

もう、聞いているだけで体が暑くなってきそうだ。しかも、撮影する場所は、朝に場所取りをした所でずっと撮るのではなく、自然光の順光で撮影する関係で、大きな白バックを持って少しずつ移動させていくのだとか。ただでさえ暑いのに、地味に大変なのだ。水着の女性が見られるからといって、ハシャいでいるわけではない。

――そもそも、なぜ真夏の暑い時に海岸で撮ろうと?
「普段は広告写真の仕事をしていますが、作家として人に見せる作品を作るからには、『普段の撮影よりも、もっとしんどいこと』をやらないといけないんじゃないかって思ったんです。なおかつ、自分が絶対楽しいって思える撮影を…。そこで、僕は海が好きだし、人を撮るのも好きだから、真夏の海岸で人が開放的になって盛り上がっている皆さんを撮影することにしました」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。