bit

「ダメ男子 モテ期がきても 死んだ目だ」逆から読んでも同じ「回文川柳」って?

上から読んでも、下から読んでも同じ読み方をする文を『回文』というが、回文の川柳を作り続ける回文柳人がいる。その名もニノ宮よう子さん。その数では日本一を誇るというニノ宮さんと、回文師仲間『THE さかさ座』の皆さんに、回文の作り方や、回文仲間についてお話を伺った。

――ニノ宮さんは、回文川柳を何首くらい作りました?
「750首です」

――750首!?
「ブログに載せているものもありますが、それ以外のものは眠っています」

ここで、ニノ宮さんのそのほかの作品を2作品だけ紹介。

・回数か 定期か訊いて 買うSuica
(かいすうか ていきかきいて かうすいか)

コチラは、なんとローマ字の回文!!
・アカシアが 濡れるや揺れる 長い坂
(akasiaga nureruyayureru nagaisaka)

――そもそも、なぜ回文川柳を作ろうと?
「2年前ぐらいにふと、『果たして、自分は世の中の役に立っているのだろうか?』と思うようになった時期がありまして…」

――そういう時期ってありますよね…(涙)
「まずは、てっとり早く、何かの一人者にならなきゃって思ったんです。何をしようかと、あれこれ考えてみたものの、例えば普通に川柳を詠んだところで、他にやっている人が多いし、色々と考えた結果、回文で川柳を作ろうと思ったんです」

――おお!「てっとり早く一人者になる」といっても、『回文川柳』だったら、てっとり早く考えるのは大変だと思いますが、どうやって考えているのですか?
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク