2013年4月21日。日本有数のコリアンタウンである東京・新大久保。
怒号が響きわたった。

「在日外国人は出ていけー!」
「日本人を保護しろー!」
「在日朝鮮人を、日本からたたき出せー!」

「行動する保守」に分類される団体による、いわゆる「反韓デモ」である。朝鮮学校への補助金撤廃や、外国人参政権反対を訴えながら車道を行進するデモ隊。

一方、歩道ではデモ隊のヘイトスピーチに反対する人々がひしめいていた。
「レイシストは帰れ!」
「お前らこそ新大久保から出ていけ!」
「同じ日本人として恥ずかしい!」

デモ隊から一言が発せられる度に、次々と怒声を返す人々。「排外主義は日本の恥」と書かれたプラカードを掲げる者もいた。彼らの多くは特定の団体に所属しておらず、ネット上の告知を見て集まった有志たちである。
ある者は、反韓デモ隊の「人種差別」に対抗するという意味で、自分たちの活動を「カウンター」と称す。

われわれは、約2時間に渡って行われたデモ行進と、それをとりまくカウンターの人々に取材を試みた。
日本列島は寒気に被われ、3月なみの寒さとなった新大久保。しかし、デモ行進に合わせて、ある種異様な熱気が周囲を包んでいった。


【知りたくもないしね、関わりたくないと思っていましたよ】

午後0時。JR新大久保駅前、喫煙所。
差別主義・排外主義を掲げるデモに反対を表明する30代のAさんという男性を中心に、数名の有志が集まっていた。彼らはツイッターやブログを見て新大久保へ来たのだと言う。

この記事の画像

「「在日は帰れ!」「レイシストは帰れ!」4.21新大久保反韓デモとそのカウンターを直撃取材」の画像1 「「在日は帰れ!」「レイシストは帰れ!」4.21新大久保反韓デモとそのカウンターを直撃取材」の画像2