bit

ゆるキャラの名付け親、みうらじゅん氏の「いやげ物」の世界を体感してきた

ゆるキャラの名付け親、みうらじゅん氏の「いやげ物」の世界を体感してきた
4月18日~5月14日「国宝 みうらじゅん いやげ物展」開催中。梅田ロフト・7Fロフトフォーラム(大阪市北区茶屋町16-7)で入場料:500円(おまけ付き)
誰しも「旅行や観光のお土産に」と、趣味の悪い置物やキーホルダーのお土産をもらった経験があるだろう。一体誰が買うんだろう?捨てるに捨てられないし、部屋に置いたら自分のセンスを疑われる…そんな土産物に光をあてた人がいる。イラストレーターのみうらじゅんさんだ。土産物ってそもそも喜ばれるのが前提なのに、もらいたくない…そんな土産物を「嫌+土産物=いやげ物」と名付けたみうらさん。

みうらさんが何十年にも渡り日本各地を回って収集したアウトローな「いやげ物」の中から、約2000点を展示している「国宝 みうらじゅん いやげ物展」(大阪・梅田ロフトにて開催中)に行ってきた。ダサい湯のみや、どこに穴を開けたんや!と突っ込みたくなる栓抜きを見て、「これ昔、家にあった!」「捨てなきゃよかった!」と盛り上がる来場者。

いやげ物はカテゴリー別に分けて展示されている。ひょうたんで作られた人形を集めた「ひょうたん君の世界」や、金色のプラスチックで作られたお城などを集めた「金プラの世界」。みうらさんファンにはたまらない「ゴムベビの世界」など。「カスハガの世界」は「カスのようなハガキ」の略語で、「観光地が張り切って売ろうと10枚セットにしたけれど、名所が10個もなかった地域に起こりがちないやげ物」(みうらさん)で、ポストカードの内容がいちいち意味不明。

一つひとつは「どんなセンスしてるねん!」といういやげ物が、的確に名付けられたカテゴリーにはまり陳列されると、突然キラキラと輝きだす。そう、まるで「ぼくたち、居場所を見つけたよ!」と語りかけてくるように。「プラスの名前をつけるとそれ以上の価値にはならないが、マイナスのネーミングをつけることで価値観は裏返ることもある」(みうらさん)。「カッコええやん、みうらじゅん!」と心の中で叫ぶ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。