bit

納豆はなぜ「小粒」が主流なの?

       
スーパーの納豆売り場などを見ると、圧倒的に多いのは「小粒」。次いで「ひきわり」「極小粒」があって、「大粒」はごくわずかしかない印象がある。

でも、考えてみれば、「小粒」と銘打つからには、もともと標準に比べて小さかったのだろうけれど、「中粒」というのはあまり見かけない。
これだけ圧倒的に多いのであれば、「小粒」はもはや標準であり、「極小粒」を「小粒」と呼んでも良い気だってする。
なぜ納豆は「小粒」が主流になったのだろうか。全国納豆協同組合連合会に聞いた。

「歴史的に見ると、納豆はかなり昔から食べられていたことがわかっていて、室町時代には確実に文献に出ていますし、江戸時代の川柳にも出てきます。江戸時代など、社会インフラや冷蔵流通のシステムが整っていない頃は、納豆は、たたいて納豆汁にして食べるのが主流でした」

また、冷蔵ができない時代、夏には傷むことから、納豆の季語は「冬」にもなったと言う。
「たたいて納豆汁にするには、中粒から大粒にかけての大きさの納豆が用いられていました」
つまり、今の小粒よりも大きなものが主流だったのだと言う。

そのように、江戸時代には、域内でとれた中粒以上の大豆を加工し、域内で消費していたそうだが、転機が訪れたのは、明治時代。
「鉄道の開発とともに、水戸の偕楽園の駅で、納豆を売ったんです。それが、小粒で、ご飯にからみやすく、非常に美味しかった。また、昔の日本人は食事にあまり時間をかけなかったこともあり、たたく作業も不要になる小粒納豆が人気となり、東京に広まっていったんです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月7日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。