bit

長寿の国・長野では漬物を食べなくなっているのか

長寿の国・長野で、男性に続き、女性も平均寿命全国1位になったというニュースが報じられていた。

長寿の理由には、野菜をたくさん食べる食習慣があることや、保健補導員(民生委員の「保健」版のようなもので、長野県須坂市発祥。自治体から世帯持ち回りで選出される)などによる地域ぐるみの健康指導などが指摘されている。

ところで、気になるのは、長野県では野菜をたくさんとる一方で、茶飲みの習慣がある(コネタ既出)ことから、お茶請けに漬物を大量にとること。減塩を心がけているとは聞くが、親戚やご近所などに行くと、相変わらずお菓子よりも漬物が出る家庭が多い。塩分についてはどのように対策をとっているのか。

それについて、保健補導員の女性、農家の女性などが、こんな話をしてくれた。

「漬物の塩分を控えようという動きは、だいぶ前から進んでいます。保健補導員やJA、農家、お寺に集まる婦人会などは、手作りの漬物などを持ち寄り、食べ方などの提案をしてきましたが、塩分を控えようと言っている私たちの作るものが、家庭で食べるものよりもしょっぱいというわけにはいかないですからね」

そのため、漬物の作り自体も、昔と変えてきているという話だ。以下に、ご婦人方の各ご家庭の例を紹介したい。
「昔は塩分20パーセントで作っていた梅干しも、今は15パーセントと10パーセント、5パーセントに分けて、10パーセント以下は冷蔵庫保存しています」

「奈良漬けも、15パーセントで作っていたところ、14パーセントにしたら、すぐいたんでしまった。ちょっとの違いなのに、温暖化の
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク