bit

まるでマカロン! 「8色小籠包」日本初上陸

まるでマカロン! 「8色小籠包」日本初上陸
「8種小籠包」\1,520
まるでマカロンなどのスイーツかと思うような、キュートでカラフルな小籠包が日本にやってきた。

シンガポールを中心にアジア各国で店舗を展開するパラダイスグループの人気中華レストラン「パラダイス ダイナシティ銀座店」が、6月17日、東京・銀座3丁目にオープン。看板メニューの「8種小籠包」を、早速食べに行ってきた。

蒸籠にかわいらしく乗ってきた小籠包は全8種。見た目だけでなく味もユニークで、なかには、フォアグラや黒トリュフといった高級食材を使ったものもある。どれから食べようか迷っていると、「味の薄いものから濃いものの順で食べるとよいですよ」とのアドバイス。教えてもらった順番に従って、全8種を紹介しよう。

まずは定番、「オリジナル小籠包」。モッチリした皮の中にはスープがたっぷり。具は少々小ぶりで女性にも食べやすいサイズ。肉の旨味がしっかり出ているので、そのままでも十分だが、好みで千切り生姜と黒酢をつけてもいい。

鮮やかな緑色は「高麗人参小籠包」。天然由来の食用の色粉を使って縁起のよい翡翠色に仕上げているという。茶色は「フォアグラ小籠包」、シックに輝く黒色は「黒トリュフ小籠包」。刻んだトリュフとトリュフオイル入りで、高貴な香りにクラクラする。黄色はありそうでなかった「チーズ」、オレンジ色はやさしい味わいの「蟹の卵小籠包」。グレーの「ガーリック小籠包」で思わずビールに手が伸びそうになり、最後は四川風の花山椒をたっぷり使ったピンクの「麻辣小籠包」でシメ。ピリピリした刺激がクセになる人も多そうだ。

あわせて読みたい

  • これが正式? 中華料理の英訳

    これが正式? 中華料理の英訳

  • 中華三大珍味「干しあわび」を日本に広める試みとは?

    中華三大珍味「干しあわび」を日本に広める試みとは?

  • 気軽にプチ秘湯! 台湾で楽しむ日帰り温泉

    気軽にプチ秘湯! 台湾で楽しむ日帰り温泉

  • コネタの記事をもっと見る 2013年6月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース