bit

韓国ソウルの渋すぎるコスプレ喫茶、その正体は?

韓国ソウルの渋すぎるコスプレ喫茶、その正体は?
「思い出のお弁当」を運んできた店員さん
ソウルの観光スポット・仁寺洞の裏手に位置する鍾路区楽園洞は、年中お年寄りで賑わっており、散歩を楽しむお年寄り、お年寄りによるフリマに群がるお年寄り、路上で昼酒を嗜むお年寄りであふれ、まさに韓国の「お年寄りの銀座」というべき様相を呈している。

そんな勢いのあるストリートをとぼとぼ歩いていたところ、とんでもないビジュアルの店に遭遇してしまった。喫茶店と思われる看板の店先で、学生服を着た年配の男性が客寄せをしているのである!

小さな窓から店内をのぞいてみたところ、やはり同様に学生服のご年配がお盆を持って給仕している。ここは一体、コスプレ喫茶なのか、はたまた執事喫茶なのか? 「お帰りなさいませ」的なサービスはあるのか? それにしても渋すぎはしないか?

吸い込まれるように入店してみることに。店内は高齢者のお客で大半の席が埋まっており、不思議な活気に満ちあふれている。驚くべきことに店内にはDJブースすらあり、ラジオ風のトークとともにオールドポップスが流れる。

空いていた席に座ると、学ランのご年配がメニューを手にそろそろと近づいてきた(お帰りなさいませ的なものはないが、あれこれ丁寧に説明してくれる)。メニューは、コーヒーが1000ウォン(約88円)、ブリキのお弁当箱にキムチや目玉焼きなどシンプルなおかずとご飯が入った「思い出のお弁当」が3000ウォン(約264円)と、破格のお値段。

人生の大先輩に運んでもらうのを申し訳なく思いながら、注文したコーヒーを受け取る。コーヒーは昔ながらのタバン(韓国に昔からある喫茶店)スタイルで、既に砂糖とクリームが入っており甘ったるい。さらに別の店員さんが、リクエスト曲があれば書くようにとメモ用紙を渡してくれた。テーブルには曲のリストがあり、チョー・ヨンピル、パティ・キムといった国民的歌手による懐かしの歌謡曲や、「マイウェイ」「アンチェインドメロディ」「ロッキー」といった欧米のオールドポップ・映画の主題歌が並んでいる。少女時代やKARAやムキムキマンマンスなんてのはもちろんない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。