review

性について「いけないこと」と描いたらだめでしょう『こどものじかん』私屋カヲルに聞く2

性について「いけないこと」と描いたらだめでしょう『こどものじかん』私屋カヲルに聞く2
子供の性、毒親、などなど、普段あまり語られない教育現場の事情が詰まった、かわいらしさの糖衣錠的作品『こどものじかん』。作者私屋カヲルが「こども」を描く姿勢について語ります。
その1

※最終巻のネタバレを含みます。

●性は避けて通らない。
───りんちゃんのオナニーの話は、衝撃でした。

私屋:サービスシーンでもあるんですけど、特に子供の性の目覚めについての話は隠し立てしたくなくて……。というのも、昔、私が習った頃の保健体育の教科書に疑問がありまして。第二次性徴で女の子がだんだんおっぱいが大きくなって陰毛が生えて大人になり、そしていよいよさあ!とページをめくると……そこにはなぜか「胎児の成長図」があったんです。「その間はーー!?」って子供心に突っ込みました。

───セックスがないんですよね。

私屋:嘘くさい!って。だから自分が本を出す側になったとき、それを隠すのはナシだろうと思いました。

───自慰をする小学生の一般漫画ってまずないと思います。

私屋:それまでは単に先生をからかってやろうとしての「エッチしよう」だったのが、性の目覚めとともに意味が変わっていく、それは九重りんの成長を描くのに必要なプロセスでした。その部分を端折ってしまったら、そのあとの展開が唐突になります。
そして、もうひとつ自慰のエピソードを書く理由として「寂しい子はそういう行為にはまってしまうことがある」という現実もありました。

───一貫して、肯定をしていますよね。

私屋:性について「いけないこと」とは描いてない……描いたらだめでしょう。
白井先生や美々ちゃんが、女性らしい服装や興味を母親に抑圧されるエピソードがありますが、私自身、デートに出掛けようとすると必ず嫌味を言われるのがイヤでした。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年8月1日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース