review

夏ばっぱのあれやこれやが「じぇ」に次ぐ「じぇ」「あまちゃん」20週目

夏ばっぱのあれやこれやが「じぇ」に次ぐ「じぇ」「あまちゃん」20週目
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ) [Limited Edition]<br />ビクターエンタテイメント株式会社より発売中
第1回はコチラ
「毎週月曜更新中、木俣冬のおさらいあまちゃん」バックナンバー集はこちら

夏ばっぱー! お盆の日本が大絶叫。
「あまちゃん」20週「おらのばっぱ、恋の珍道中」(8月12日〜17日/115回〜120回)は、夏ばっぱ(宮本信子)に関するあれやこれやが「じぇ」に次ぐ「じぇ」の連続でした。

まず、夏が、66年間生きてきてはじめて東京にやってきます! (1じぇ)
そして正宗(尾美としのり)のタクシーに乗って強行軍で東京観光。
東京行きの目的だった、娘時代に北三陸市にリサイタルに来たことのある橋幸夫(本人)と再会することを達成!(2じぇ)
46年ぶりのデュエットをして帰途につき、アキ(能年玲奈)のオーディション当日、今度こそ本当に倒れてしまう!(スリーじぇ)

夏が元祖北三陸のアイドル、なっちゃん(某飲料水のCMヒロインのようだ)だったことが判明したことも「じぇ!」でしたが、橋幸夫と「いつでも夢を」のデュエット、そして海女さんの衣裳、と来て、そうか、夏に投影されているのは、タモリさんも憧れる国民的女優・吉永小百合さまか! 小百合は安部ちゃん(片桐はいり)の名前に使われていただけではなかったのか! と、どれだけ「じぇ」をつけてもつけても止まらないほどの衝撃でした。
いやあ、一回から「いつでも夢を」がかかっていたというのに、洞察力がまだまだ足りません。反省反省。

小百合さまは、渋谷区出身の都会っこでいらっしゃいますが、「潮騒のメモリー」がオマージュを捧げているに違いない実在する映画「潮騒」の64年版のヒロインで、62年には「いつでも夢を」を橋幸夫と歌って大ヒットをとばしていたのです。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

あまちゃん

あまちゃん

2013年度上半期にNHKで制作され、国民的人気となった宮藤官九郎脚本の連続テレビ小説。母・春子(小泉今日子)の故郷・北三陸にやってきた16歳の少女・天野アキ(能年玲奈)の成長を描いたドラマだ。

2013年8月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。